ミッション・ビジョン


人の「心」とのより良い向き合い方を社会に提供し続ける

精神疾患により医療機関にかかっている患者数は、近年大幅に増加しており、精神疾患の経済損失は約8兆円と言われています。

 

一方で、「社会環境」の変化に加え、「技術」や「脳科学」の進歩により、心に纏わる環境は変化していくことを見込みます。

 

我々はその中で、営利企業として出来ることをゼロベースで思考し、本質的に社会にとって価値があること(=インパクト)を行うことをアイデンティティとしています。


ココピアウェイ


ゼロベース思考 × インパクトドリブン

足元の社会制度に固執した短期的な収益機会を追わず、長期的な社会への影響にコミットすることで大きな超過収益の獲得を目指しています。

 

現状の規制や政策、単一の事業ドメインに囚われずに、様々なステークホルダーに対するサービスを広く実践していくことを重要視しております。

 

その為には、脳の解明といった「科学の進化」、AIなどの活用可能な「技術の進化」、実際に人の心が影響を受ける「対話の現場」のそれぞれについての主体者であることが重要だと考えています。